茨城県日立市大みか町「大甕神社」

茨城県日立市大みか町「大甕神社」の創祀はあきらかではありません。

社伝によると、皇紀元年(六六〇年)とあります。

星の神様が祀られいる珍しいお社です。

今回は「大甕神社」を紹介します。

目次

「大甕神社」とは

「大甕神社」とは

大甕神社では地主神「甕星香香背男」という、星の神様が御鎮座してます。

鹿島・香取の二神のみ制服出来なかったと伝えられています。

そこで大甕に赴いた「倭文神武葉槌命」が宿魂石に封じこめたと伝えられています。

武葉槌命は「織物の神様」とも呼ばれ、甕星香香背男を布に封じ込めたのではないか?と言った諸説もございます。

御祭神は
  • 武葉槌命(たかはつちのみこと)
  • 甕星香香背男(みかぼしかがせお)

✓ご縁がつながり運がひらける日本の神さま大全

境界石

境界石

大甕神社さんには「境界石」という石があります。

別名「縁切石」と呼ばれます。

大甕神社案内

「縁結び」を祈願される方は多数おられますが、中には悪しき縁により辛苦困難に陥り、やがて身を滅す事もあります。

そのような現世の悪しき縁を断ち切り、開運招福を祈念してお潜りください。

・祈願札:授与所にて。初穂料 五百円

「波留部由良由良止波留部」

「布留部由良由良止布留部」

と唱えながら境界石をくぐるそうです。

詳しくは「授与所」で説明を案内してくれます。

実際に授与してもらい、祈願してみました。

「大甕神社」御朱印は

令和5年3月3日で頂ける御朱印は2種類です。

「大甕神社・甕星香香背男」の御祭神・地主神です。

✓受付時間 :

詳しくは社務所でお伺いください。

「大甕神社」はこんな感じです

目の前にある駐車場から石段を上がると鳥居があります。

注連縄が立派です。

手水舎で身を清めましょう。

拝殿は風格を感じます。

龍の彫り物が立派です。

狛犬様も立派です。

封じ込めたと言われる「宿魂石」です。

宿魂石をの上を登ると「武葉槌命」が御鎮座してます。

岩場を登った前にお社があります。

かなり急で鎖をつたい登るほどです。

頂上に「武葉槌命」が御鎮座してます。

下に降りて右手に向かうと「甕星香香背男」のお社があります。

星の神様なので「五芒星」の印があります。

授与所も立派な作りです。

「大甕神社」のアクセス方法

「大甕神社」のアクセスはこちら。

タクシーを捕まえるなら

駐車場で困る前に事前予約をしましょう。

写真数枚とお店情報を伝えてください。お気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次